「思いを叶える」を因数分解してみる

      2014/01/21

arizona-165094_640

こんにちは。

Masaです。

今日は「思いは叶う」という話をしたいと思います。

こう書くと精神論とか宗教っぽく聞こえますが、ここでは別に念仏を唱え続けましょう、と言うつもりはなくて、もう少し現実的な話です。

 

まず最初に「叶わない思い」もあります。

いきなり「思いは叶う」を否定するようですが、これを認めないと話が続きません。

叶わない思いとはどんな思いかというと、自分がコントロールできない要素が大きい思いです。

例えば「明日晴れて欲しい」とか「200歳まで生きたい」とか。
高校球児が「甲子園に出たい」という目標を持っても、チームメイトの実力とか予選トーナメントの組み合わせとか運の要素が大きいです。

こういった思いは個人がコントロールできない要素が大きいので、どう努力しても叶わない可能性があります。
ここではそもそもこういった「叶わない思い」を持っている場合は除外して話を進めます。

それ以外、つまり「叶わないこともない思い」に関しては、以下の3つのことがあればかなりの確率で叶うのではないかと思っています。

 

思いを持つこと

当たり前のようですが、思いがないと始まりません。

私の人生の中で、カナダ留学というのはかなり大きな出来事だったわけですが、それも最初に「海外に留学しよう」という思いがなければありえないものでした。

また、その思いを叶えるには、その思いを持ち続けなければなりません。

よく目標を紙に書くと良いと言われますが、あれは目につくところに張り出すことで思いを忘れないようにする、ということに意味があるのであって、折角目標を紙に書いても、書いた紙が引出しの奥深くにしまわれている状態では意味がありません。

 

しかし実は、この当たり前に思える「思いを持つ」人は、意外に少ないのではないかと思ったりもしています。

あなたは3年後とか5年後のありたい姿とか目標がありますか?

Yesの方、思いを持っていられるというのはラッキーだと思いますよ。それだけでスタートラインには立てているわけです。

Noの方、忙しい毎日をただ過ごしていたり、同じルーチンをただ続けていると、なかなか目標というのは出来ないと思います。
本を読むとか、しばらく会ってない人に会うとか、旅行してみるとか、何かのセミナーに参加してみるとか、ちょっと生活に変化をつけると良いきっかけになります。

何か思いを持ったり目標を定めるというのは、充実した生活への最初のステップだと思います。
ちょっとだけ無理しても何か目標を持つことをおススメしたいです。

 

思いを叶えるための行動をすること

「思いは叶う」と言うと「思い」と「叶う」とが直接つながって、「思う」⇒「叶う」みたいに感じられますが、実は違います。

「思い」と「叶う」の間には「行動」が必要で、本当は「思う」⇒「行動」⇒「叶う」という順番になります。

そしてこの行動は思いを叶えるために正しい行動であることが必要で、間違った行動をしても全く思いは叶いません。

私が初めて海外MBAを目指そうと思った時、実はすぐに行動は起こそうとはしませんでした。

TOEFLの目標スコアを壁に張り出したまでは良かったのですが、買ったTOEFLの参考書は夜ベッドの中で寝ながら読むくらいで、全く本気の勉強ではありませんでした。

そしてその期間は1年間に及びます。

今にして思えばこの1年間は海外留学という目標に向かっては1ミリも前進していない1年間でした。

全く「思う」⇒「行動」⇒「叶う」ということを意識していなかった、いやもっと言えば「行動」をしていないという自覚すらなかった頃で、今となっては本当に無駄に1年という時間を過ごしたと思います。

中には「強く思いさえすれば結果はついてくる」という方もいらっしゃいます。

こういった方は「思い」を持つことと「行動」することが既に一体化されている方だと思います。
だから「思い」を持つと体が勝手に「行動」しちゃうんですよね。
そうすると結果が出せるわけです。

こういう人の声は、普通の人はそのまま受け取ってはいけないと思います。

 

思いを叶えるまで継続し続けること

思いを叶えるための第一歩は「行動」することですが、第二歩も「行動」です。第三歩も「行動」。

この行動の積み重ねしかゴールに向かう方法はないわけです。

「思う」と「叶う」の間には「行動」しかありません。
「叶わない」間は「行動」するしかないのです。

逆に行動の積み重ね以外で、ゴールに近づく方法があったら私が知りたいです(笑)

もちろん、ゴールとの距離によってやるべき行動内容が変わったり、少ない行動回数でより効率的にゴールに近づく方法はあったりするかもしれません。

でも行動を継続することに変わりはありません。

繰り返しますが、思いを叶えるには動き続けるしかないわけです。

私は、大抵の目標は行動の回数と継続した年月でクリアできるものだという感覚を持っています。

TOEFLとかIELTSで目標スコアが出ない人、きちんと準備をして50回受験し続ければ絶対スコア出ますよ。

英語大嫌いな私でさえ21回で卒業できたので(笑)

 

ということで是非「思い」を持って「行動」して目標を「叶え」ましょう! 

最後までありがとうございました。


↓ 記事がお役に立ちましたら、あなたの一票をお願いいたします。
いつもご協力ありがとうございます!

カナダ留学 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村

 - グローバル&クオリティライフ, 正規留学のススメ , , ,