引っ越し時のエレベータあるある

   

こんにちは。藤本です。

今日はトロントあるある、というか海外あるあるなのかもしれませんが、お届けします。

 

先日引っ越しをし、やっと少し生活が落ち着いてきました。

引っ越しの時にちょっと面倒なのがエレベーターの予約です。

 

日本のマンションではあまり聞きませんでしたが、こちらのコンド(日本のマンション)では、大きな荷物を搬入・搬出する際には、エレベータを予約しなければなりません。

そして、そのエレベータの予約にはデポジット(お金の預け入れ)が必要です。

予約の時点でお金を預けておいて、エレベータを傷つけることなく使用し終われば、チェックを受けた上で、デポジットは戻ってくる仕組みです。

 

今回も、引っ越し業者にお願いして家具を前のコンドから出し、引っ越し先のコンドに搬入するため、両方のコンドでエレベーターを予約しなければなりませんでした。

予約のためのデポジットは500ドルの小切手が必要です。

 

ちなみに500ドルの小切手は自分の小切手帳を使うのではなく、どちらのコンドでもマネーオーダー(銀行などに先にお金を払って作成するもの)で用意するよう言われました。

おかげで2度も銀行に足を運ぶことになりました。

 

そして搬出元のコンドと、搬入先のコンドのエレベーターを使う時間帯を決めないといけないのですが、一方のコンドは●曜日はゴミ収集車が来てトラックの駐車スペースがないからだめ、●曜日は何時から何時までなら使えるなどといろいろ制限があり、もう一方のコンドは選べる時間帯が9時から12時、12時から3時、3時から5時と決まっていて、一つの時間帯しか予約できず、それは絶対に変えられないと。

そしてお願いしていた引っ越し業者の方からも当日は搬出元のコンドで●時から●時まで、搬入先のコンドで●時から●時までエレベーターの予約しておいてください、と言われます。

 

当然すべての条件を満たすことはできないのですが、2つのコンドのオフィスはどちらも絶対譲ってくれないのです。

結局引っ越し業者に希望よりも短い時間しかエレベーターを予約できなかったことを伝え、できるだけ当日の作業に時間がかからないようにそれまでに自分たちでせっせと車で荷物を運んだりしました…。

引っ越し料金も高いのに、なんでこんなに自分たちで作業しなければならないのだろうとちょっと疑問に思いましたが、業者さんに自分たちでも結構荷物を運んだと伝えると少しだけ見積料金から安くしてくれました。

 

 

これは引っ越し以外でも、大きな荷物を宅配してもらうときも同様です。

今週末はIKEAで買い足す必要のあったソファを買いました。

 

そしてまたエレベーターの予約です。

とりあえずIKEAで配送の日時を決めて予約し、コンドに戻ってエレベーターの予約をしたいと言いに行きましたがその日はあいにく一日中埋まっているとのこと。

結局その1週間先の予約となり、500ドルのマネーオーダーをオフィスに渡し、IKEAに電話して配送の日時の変更を依頼。

 

ちなみにIKEAの配送時間帯は9時から1時の間。

コンドのエレベーター予約時間帯は9時から12時。

コンドは融通をきかせてくれないので、IKEAに「コンドのエレベーターの予約が9時から12時までしか受け付けられないので、12時までにきてほしい」とお願いしたのですが「リクエストとしていれておくけど保証はできない」とのこと。

最悪の可能性としては12時過ぎにIKEAが到着して、エレベーターは他の人に使用されているとなるとIKEAはソファを持ち帰り、また配送料を払って別の日に配送してもらうことになります。

 

こういう面倒さがあるので、大型の荷物を送ってもらう通販はついつい躊躇してしまいます。

 

ということで、トロントあるあるでした。

コンドのエレベーターの予約時間帯と配送の時間帯のトロント全体での統一をぜひお願いしたいものです。

 


↓ 記事がお役に立ちましたら、あなたの一票をお願いいたします。
いつもご協力ありがとうございます!

カナダ留学 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村

 - カナダ移住