留学準備はどのくらい前からすべきか

      2014/08/15

1158482_26652572

こんにちは。藤本です。

 

留学準備はどのくらい前からすべきなのでしょうか。

 

私の場合は、実際に渡航する2年半前からでした。

もっとも初めはもう1年早く留学するつもりだったので、意識としては1年半前のつもりでした。

最初にTOEFLの勉強を始めて、半年で卒業するつもりが1年半以上かかったわけです。

その後GMATで半年、エッセイも同時並行で3か月、インタビュー対策も同時並行で3か月くらいでした。

 

帰国子女や高校で留学している人以外は、やはり準備で一番時間がかかるのがTOEFL、IELTSだと思います。

私の周りを見渡しても、MBAのようなTOEFLの他にGMATやエッセイが求められる場合、準備期間に1年以上使う人が大半で、私のように2年以上準備に使っている人も少なくありません。

 

TOEFL、IELTSのスコアは2年間有効ですから、2年以上前に準備を始めても早過ぎることはありません。

遅くとも渡航予定の1年前には何らかの準備に着手しておきたいところです。

例えば、来年の夏入学を目指すなら、今の時期は既に一度はTOEFL、IELTSを受験して、現状と目標とのギャップを知った上で、対策を進めておきたいタイミングです。

 

いかがでしょうか?

あなたは留学したいという「思い」だけでなく、実際に「行動」できていますか?

時間は刻々と過ぎていきますので、是非早め早めの準備を心がけましょう。

 

最後までありがとうございました。


↓ 記事がお役に立ちましたら、あなたの一票をお願いいたします。
いつもご協力ありがとうございます!

カナダ留学 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村

 - 留学を実現するために, TOEFL/IELTS対策 ,