カナダの大学の特徴(オンタリオ州その2)

      2014/05/29

toronto-164813_640

こんにちは!

留学コンサルタントの藤本政信です。

 

大学の特徴紹介の第4弾です。

出典は同じくThe Globe and Mailの記事です。

CANADIAN UNIVERSITY REPORT 2014

 

ここまでの記事は以下からどうぞ。

カナダの大学の特徴(ブリティッシュコロンビア州)

カナダの大学の特徴(平原3州)

カナダの大学の特徴(オンタリオ州その1)

 

今回はオンタリオ州の大学の後半です。

 

University of Ottawa(オタワ大学)

良い所 : 75%のクラスが英仏2言語で提供
悪い所 : キャンパスの食事の種類が少ない

記事記載の主な特徴

・北アメリカで最大のバイリンガル大学
・ただし英語話者と仏語話者はクラスの外ではあまり交じり合わない
・カナダ外務省などの政府機関ではオタワ大学の国際開発やグローバリゼーションの学位が有効
・NSSE(アメリカの大学調査)では特にキャンパスの支援環境の項目はあまり評価が良くない

参考

・1848年設立
・キャンパス オタワ
・世界大学ランキング
(ARWU)201-300位
(THE) 185位
(QS) 227位
・カナダ大学ランキング
(M-MD)  8位
・学生数 41,000人
・留学生比率 学部:6%、大学院:19%

 

Queen’s University(クイーンズ大学)

良い所 : 愛校心
悪い所 : 均一的な学生

記事記載の主な特徴

・白人の中間層の学生ばかりが集まるという不満を持つ生徒もいる
・NSSE(アメリカの大学調査)で豊富な教育経験を積むという項目では良い評価

参考

・1841年設立
・キャンパス キングストン
・世界大学ランキング
(ARWU)201-300位
(THE) 226-250位
(QS) 189位
・カナダ大学ランキング
(M-MD) 4位
・学生数 24,000人
・留学生比率 7%

 

Ryerson University(ライアーソン大学)

良い所 : NSSE(アメリカの大学調査)ではトロント大学やヨーク大学よりも高い評価
悪い所 : 技術専門学校のルーツがアカデミックな評価を下げている

記事記載の主な特徴

・キャリア構築にフォーカスしたプログラムと産業界との強い関係
・カナダ最大の学部課程のビジネススクールで特に起業家育成に強み
・ジャーナリズムスクールも有名
・ダウンタウンの中心にあるため固有のコミュニティという感覚は少ない

参考

・1948年設立
・キャンパス トロント
・世界大学ランキング
(ARWU)-位
(THE) -位
(QS) 701+位
・カナダ大学ランキング
(M-CO)  10位
・学生数 38,000人

 

University of Toronto(U of T、トロント大学)

良い所 : 途方もなく多様な学生
悪い所 : 学習協力環境の不足

記事記載の主な特徴

・学部だけで700もある多様なプログラム
・常に世界的にランクされる
・NSSE(アメリカの大学調査)で「活発で協力的な学習」「サポート環境」で低評価

参考

・1827年設立
・キャンパス トロント
・世界大学ランキング
(ARWU)28位
(THE) 20位
(QS) 17位
・カナダ大学ランキング
(M-MD) 3位
・学生数 81,000人
・留学生比率 学部:15%、大学院:13%

 

Trent University(トレント大学)

良い所 : 小規模だが小規模すぎない
悪い所 : 不便な場所

記事記載の主な特徴

・1年目の平均クラスサイズは30名
・入学許可のための成績は他大学より低め
・90%以上の成績を持つ生徒は自動的に奨学金が出る
・政治的に左翼寄りの雰囲気がある

参考

・1963年設立
・キャンパス オシャワ
・世界大学ランキング
(ARWU)-位
(THE) -位
(QS) -位
・カナダ大学ランキング
(M-PU)  6位
・学生数 7,800人
・留学生数 550人

 

University of Waterloo(ウォータールー大学)

良い所 : 幅広いco-opプログラム
悪い所 : サポート不足と教授との距離が遠いこと

記事記載の主な特徴

・co-opプログラムは世界最大級
・世界的な研究機関とのコネクションがある
・カナダで唯一ナノテクノロジーエンジニアリングの学士課程がある

参考

・1957年設立
・キャンパス ウォータールー
・世界大学ランキング
(ARWU)151-200位
(THE) 226-250位
(QS) 180位
・カナダ大学ランキング
(M-CO) 3位
・学生数 9,700人
・留学生比率 学部:12%、大学院:34%

 

Western University(ウェスタン大学)

良い所 : 強い愛校心
悪い所 : 愛校心による二日酔い

記事記載の主な特徴

・パーティスクールとして有名だが、単なるビールパーティではなく、大規模大学には珍しくエネルギッシュな雰囲気
・ビジネススクールは世界的に有名
・1年目のクラスサイズは大きい

参考

・1978年設立
・キャンパス ロンドン
・世界大学ランキング
(ARWU)201-300位
(THE) 226-250位
(QS) 199位
・カナダ大学ランキング
(M-MD) 9位
・学生数 31,000人
・留学生数 2,800人

 

Wilfrid Laurier University(WLU、ウィルフリッドローリエ大学)

良い所 : 強い愛校心
悪い所 : 窮屈なキャンパス

記事記載の主な特徴

・過去5年で生徒が2倍になりキャンパスが手狭
・ビジネススクールは会計学と幅広いco-opプログラムで有名
・ビジネスとコンピュータサイエンスの学士を同時に取ることができる

参考

・1911年設立
・キャンパス ウォータールー
・世界大学ランキング
(ARWU)-位
(THE) -位
(QS) -位
・カナダ大学ランキング
(M-CO) 10位
・学生数 18,000人

 

University of Windsor(UWindsor、ウィンザー大学)

良い所 : 機械工学は宇宙工学も含めて幅広いオプションがある
悪い所 : ウィンザーは失業率が高い

記事記載の主な特徴

・工学専攻の学生とビジネス専攻の学生、地元起業家を引き合わせる施設
・運動部はカナダの中で最も良い学校の1つ(女子バスケは過去3回全国優勝)

参考

・1857年設立
・キャンパス ウィンザー
・世界大学ランキング
(ARWU)-位
(THE) -位
(QS) 701+位
・カナダ大学ランキング
(M-CO)  10位
・学生数 16,000人
・留学生比率 11%

 

York University(ヨーク大学)

良い所 : 社会的正義に対する学生の献身的姿勢
悪い所 : パッとしない環境

記事記載の主な特徴

・ダウンタウンからは離れているが、キャンパス内は活気がある
・ビジネス、ソーシャルワーク、ファインアーツ、心理学、犯罪学で定評
・近年の暴行事件多発によりセキュリティを強化している

参考

・1959年設立
・キャンパス トロント
・世界大学ランキング
(ARWU)401-500位
(THE) 276-300位
(QS) 401-410位
・カナダ大学ランキング
(M-CO) 9位
・学生数 55,000人
・留学生数 4,200人

 

 

各大学のランキングの省略はそれぞれ以下を示しています。

ARWU : Academic Ranking of World Universities 2013
THE : Times Higher Education World University Rankings 2013-2014
QS : QS World University Rankings 2013
M-MD : 2014 Maclean’s University Rankings: Medical Doctoral category
M-CO : 2014 Maclean’s University Rankings: Comprehensive category
M-PU : 2014 Maclean’s University Rankings: Primarily Undergraduate category

これら各ランキングの違いについては以下の記事で整理しています。

世界大学ランキングはこう見る、大学ランキング4つの比較 

 

オンタリオ州の大学ということで、実際に私が訪れたことがある学校も何校か出てきました。
限られた情報で全てを表現しきれていないとは思いますが、書かれている内容はなかなか的を得た評価ではないかと思います。

次回はケベック州の大学です。

 

最後までありがとうございました。


↓ 記事がお役に立ちましたら、あなたの一票をお願いいたします。
いつもご協力ありがとうございます!

カナダ留学 ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ にほんブログ村

 - カナダの大学, オタワ大学, クイーンズ大学, ライアーソン大学, トロント大学, トレント大学, ウォータールー大学, ウェスタン大学, ウィルフリッド・ローリエ大学, ウィンザー大学, ヨーク大学 , ,